titletopblogmapsoudan topsinryousejyutukoutuujikoyokuarutoiaware
info onegaijikonews

スポーツ選手に起こりやすい代表的な症状

普段と同じ動きをしているにもかかわらず起こしてしまったようなケガは、筋肉やじん帯が一定の負荷を超え、ケガを起こしやすい状態になっています。ケガの治療と同時にケガを起こさない体つくりをサポートします。

捻挫の治療方

捻挫はどのようなスポーツでも起こりうる代表的なスポーツ外傷です。特にサッカーやラグビーなどのように、走りながら急な方向転換やジャンプなどの動作時に足首を痛める捻挫が多く起こります。捻挫の起こりやすい原因を治療するためには、膝の軸のずれや腰の負担をしっかりチェックすることから始めなけばなりません。

打撲の治療法

打撲とは身体に強い衝撃を受けた状態を言います。ひどい場合には衝撃を受けた筋が断裂することもあります。また、筋だけではなく関節やじん帯にも損傷が及びます。まずは、筋肉などの組織がどの程度損傷しているのかを把握し、腫れがある場合には早急なアイシングが腫れを軽減しその後の治療の経過に大きく影響します。適度なアイシングと包帯やテーピングによる圧迫を行います。

脱臼の治療法

本来しっかりじん帯に保持されているはずの関節部分の骨が何かの拍子に外れてしまう症状です。体がぶつかり合うようなスポーツに多く発生します。できるだけ速やかにもとの位置に戻す必要があります。麻酔が必要な脱臼の場合は、適切な医療機関への紹介となります。

骨折の治療法

一言に骨折と言っても完全に折れてしまっているものから圧迫されつぶれてしまった状態や骨の表面がはがれた状態まで様々な骨折があります。とみなが接骨院では手術を必要としない程度の骨折にテーピングなどでの固定法を行います。